VR考察ブログ

VRについての考察

VR考察ノート一万アクセス突破した事について

今回は考察ではなく、一万アクセスを記念して、VR考察を始めるきっかけ等についてなど話そうと思います。いつもの考察の口調で無いことをご理解頂ければと思います。

 

7/22にVR考察ノート劇場化記念版がアクセス数(閲覧数)一万を突破致しました。(考察ノートのURLを最後に記載しています。まだ、お読みでない方は是非!)

Twitterの方でもツイートしたのですが、書いた当時からすると信じられない出来事で、とても嬉しく感じています!

読んでくださった方々、有難うございます!

 

そして、一万ものアクセスが僕個人の考察に集まった事で、皆さんのVRに対する考え方に多少なりとも影響を与えると考えると少しばかり、責任も感じています(^^;

 

VR考察ノート10冊のアクセス数の合計も約48000と僕の想像を超えた数でとても驚いています。

 

といっても、考察ノートの書き方等は変えたりはしないですw

これからも今まで通り、VR考察は続けていこうと考えています!

 

 

僕がVR考察を始めるきっかけについて

SAOがVRを知るきっかけとなった訳ですが、その前から結構ゲーム好きでして、よくやり過ぎて親に怒られてた事もありました(^^;

なので、SAOを読んだ時に、ゲーム設定もすんなりと自分の中で理解出来て、こんなゲームが作られたら最高だなって思いながら読んでました。

 

VRという技術は現在あるのか調べて、フルダイブ型が更に先の技術だと知った時には、もうこれを作るしかないって思いましたw

それで、VRを1番知るなら、知識を得ることの他に、自分なりの考えがある方が深く知れるんじゃないか?って事で考察を始めたんです。

 

その時の考察はノートに書いて、自分なりに纏めていたんですが、考察を始めた少し後に、LINEQというアプリを友人がやっていて、たまたま僕も入れまして、博士ノートがある事を知ったんです。それで、これならノートやらシャー芯を消費しないで済むし、書くのも何となく楽だな〜って感じで書いたのが考察ノートNo.1です。

 

今もVR考察ノートNo.1は残してますが、実際そこまで考察出来てないし、考察の仕方が今見ると拙いなと感じています。ただ、自分がVRを深く知りたいと行動を起こした第一歩でもあるので、消してませんw

 

書いた当時はTwitterも、そこまで活発的じゃなかったですし、考察ノートも見てくれる方が少なかったので、アクセスも100~200位でした。

 そこから、色々とあってTwitterが活発化しまして、VR考察ノートをTwitterで上げたところ、アクセス数が1000をあっという間に突破したのは、印象が強くて今でも覚えています。

 

余裕のある時に考察ノートを書いて、VRについての知識を得る事が楽しくて、やっていたので、目的としては知識を得るだけだったんですが、やはり一万アクセス突破したとなると、とても嬉しいですw

 

 

ちょっとした裏話

たまに考察ノートを書いていて、アプリが落ちてしまって書いていたものが全て消えてしまう事が何回かありました(^^;

 

しかも、考察ノートを書く時は書きながら考えていく形を取っていたので、2回目に書く時と考え方が変わったりと、消えた事でショックを受けてましたが、考え方の変化を自分で感じ取って、そこで楽しみを感じた事もあります。

出来る限り消えて欲しく無いですけどね(^^;

 

 

意見等について

VR考察ノートを読んでくださった方から、たまに「ここ違くないですか?」、「ここって何故このような考え方に?」など、意見や指摘を頂きます。

僕としてはとても嬉しい事でして、細かいところまで読んでくださったんだなと思うと共に、考察ノートがより良いものになるって事で、そのような指摘、意見等がとても有難く感じています。

意見や感想、指摘等をして下さった方々有難うございます!

 

これについては、ネットでの意見等なんですが、リアルだと中々理解して貰えない事もあります。

 

VRという技術が新しい事もあって、現実の方だと、VRが浸透していないとよく感じます。

VRの話題を出しても、第一声が「VRってなに?」って感じで、そんな時にVRってまだ知られてないんだなと思いました。

 

更に、考察ノートについては隠す事も無い、寧ろ僕の特徴だと思っているので、普通に話したりするのですが、フルダイブ型の話となると、開発不可能だとか、脳からの信号を理解していく段階で、脳からの信号が理解出来ないと、何も調べずに浅い考えで話を進めてくる方もいました。(深く考慮した上で不可能、脳信号の理解は出来ないと断定したのであれば、参考にしたいと思うのですが…w)

 

VR考察をしてる事を笑う方もいました。

そんな中でも、理解してくれる友人もいますし、考察ノートの事を話したら、読んでくださった後にアドバイスをくれた先生もいます。

友人は感想をくれますし、先生がくれたアドバイスによって閲覧数が伸びたので、とても有難いです。

なので、皆さんも何か頑張りたい時、極めたい時は、それを支えてくれる人が居てくれると力強いですよ!

 

 

最後に

僕が考察ノートを書く時に、「ご参考程度に〜」と書いているんですが、僕の考えはあくまで僕の考えなので、皆さんには皆さんで少しでも考えてもらえたらと、ご参考程度にと書かせて頂いてます。

 

個人としては、メディアが載せた記事や放送を鵜呑みにする方よりも、その物事の本質を掴む事が大事だと思っているので、僕の考察ノートも全部鵜呑みにせずに、皆さんなりの考察をして貰えたらと思います!

 

僕の考察ノートが影響を与えて、VRに興味が湧いた事や、その分野に携わる技術を学びたいと連絡を下さった方もいらっしゃったので、僕の自己満足な考察ノートが、将来の夢の一つの候補として考える事に繋がっていると考えると、書いた当時からは考えられない事でとても嬉しく感じています。そして、責任も…

 

行動に移そうと思わない。と僕のVR考察のきっかけを聞いて思う方もいる事と思います。リアルの方でも言われたので…

僕からすれば、本当にやりたいと思った事なら、行動に移そうという考えよりも、どんな行動を取るのが良いのか、今、その事について何が出来るかを考えると思います。

 

なので、本当にやりたいと思えるものに出会える事が難しいかもしれませんが、知らない内に行動を出す事が前提で考えているものが、本当にやりたいものだと思います。

皆さんにもそんな経験が起こることを祈っています。

 

まだ書きたい事が幾つかあるのですが、これ以上僕の事についての事や、変なアドバイスは読んでてもつまらないと思うので、ここら辺で止めておきますw

 

僕の事についての興味の湧きづらい文を最後までお読み頂き、有難う御座いましたw

次の目標は総アクセス数5万、今回一万突破したもの以外の考察ノートの閲覧数5000、または1万を目指していこうと思います!

 

VR考察ノートSAO劇場化記念版(1万アクセス突破した考察ノートです。)のURL↓

http://lineq.jp/note/90743