VR考察ブログ

VRについての考察

VRビジネスの拡大について

VRビジネスの論文を書こうと思っていまして、その時に参考にした本を踏まえて、自分の意見や考察を述べて行きたいと思います。

 

近年VRビジネスは拡大の傾向にあります。その傾向が何故生まれたのかについて、考察していきたいと思います。今回はフルダイブ型VRの実現を考えるのではなく、今のVRについて取り上げて行きます。

 

VRビジネスが広まった理由はいくつかありますが、まず高品質なVRについて取り上げようと思います。

高品質なVRを体験するには、体験会に行くか、もしくは購入するかになりますね。VRにはまず、スマートフォンを使ったモバイルVRとPC等を使用したVRに大きく分けられます。

モバイルVRよりも、PCを使用したVRの方が高品質であると印象が高いと思います。

 

高品質なVRを求めるユーザーは、ハイエンドユーザーと言われて、VRビジネスの進行を進めている一つの要因にもなります。ハイエンドユーザーはVRに高画質で没頭感の高いものを求めるため、お金に関しては少し高くなるのが普通です。こうやって、VR開発企業がハイエンドユーザーをいかに魅了して取り入れるかが観点となり、競争が起こる訳です。

 

更にいえば、競争が起こるからこそ、技術は進行します。技術が進めば、ユーザーは高品質を求め、更にビジネスを成功に導いていく事になります。高品質なVRといえばOculus社、SONY社が有名で、Oculus社は、PCを使用したVRの最先端であると言えます。

 

ハイエンドユーザーによるVRビジネスの促進は大きいものですが、やはり開発にはお金がかかるのに対して、人数は少数です。そこで一般の人を対象にビジネス拡大を狙ったのがモバイルVRです。

 

モバイルVRは高いものもありますが、PCを使ったVRよりは安いものが多く、一般の人でも手が出しやすい値段に設定されています。

モバイルVRの良いところは場所を選ばない事、Youtubeなどにも360°パノラマ映像が見れるため安易に体験が可能なところです。

VR体験が簡単に出来ることによってユーザーが増加し、VRという技術が一般に知られるようになった要因にもなります。

 

モバイルVRによって、ユーザーの増加が見込め、PCによるVRによって新技術の競争が起こり、VRビジネスが促進することになったのです。このハイエンドユーザーと一般のユーザーの両方がVRビジネス単体の中で生まれたことが、ビジネスの成功に繋がったのです。

 

スマートフォンユーザーがこの数年間の間で相当な数になったのは、一つのデバイスにおいて、多様性からなる便利性が成り立ち、人々を魅了したことから、ユーザー増加に繋がりました。

スマートフォンにおける多様性とはアプリの事です。アプリにはゲーム、ミュージック、ブック、カメラ等、多く存在しています。

これが一つのデバイスに詰め込まれている訳ですから、便利で欲しいと思う訳です。

 

VRの場合も同様に、ゲームエンジンを使用することで、色々なVR映像、VRゲームを作り出せる為、多様性があります。

VRの場合は、多様性から便利性が成り立つのではなく、多様性からアミューズメント性に繋がっていく訳です。

つまり、娯楽としては最適なものであることが分かります。なので、人々を魅了し、広まっていく要因にもなってくるのです。

 

これまで述べたものが、VRには詰まっている為、ビジネスが拡大したのです。

 

先程まで述べたものが、参考にした本と僕の考察を混ぜたものです。

 

参考文献・VRビジネスの衝撃:「仮想世界」が巨大マネーを生む(NHK出版新書)/新 清士

 

 

ここからは僕個人の考察として見ていただけると有難いです。

 

先程の文章で、VRは多様性からアミューズメント性に繋がると書きましたが、アミューズメント性というのは娯楽において必要不可欠なものです。更にVRは、映像やゲームを作るのが容易であることからも、アミューズメントとして多種多様に遊ぶ事が可能なのです。

例えば、ゾンビ映画を見ることや、飛行機のシュミレーションゲームで遊ぶ事など、様々なジャンルの娯楽を一つのデバイスを使用することで、楽しめるというのが利点です。

 

なら、ゲーム機もそうじゃないかと思われますが、ゲーム機にはない体験が出来るからこそ、人気が出始めています。

 

VRは自分がその世界の中にいるように感じる、今のVRでいえば、自分が見ているように感じます。つまり、擬似的な体験として得られる訳なので、その他のゲーム機にはない技術だと言えます。

 

このように、VRが他のゲーム、デバイスと違った特徴的な特異点があり、更に娯楽として成り立つ要素、多種多様に遊べる事からもVRビジネスが拡大傾向になっている事が分かるのです。

 

VRビジネスは考察していくと様々な理由から拡大している事がお分かりになりましたでしょうか?

フルダイブ型VRを作った時に、どのようにビジネスが変化していくのか考えると、楽しみです。このブログを読んでくださっている読者の皆様も機会があれば、VRビジネスの事について調べてみてください。

最後までお読み頂き有難うございました。